公的病院の医師求人なら

公的病院の医師求人なら

医師が公立病院で働く場合、待遇が「公務員医師」となることは広く知られています。公立病院での勤務は雇用や社会的立場が安定し「民間病院では触れることの出来ない、専門領域の診療に従事できる」「様々な患者と接し、幅広い症例を数多く経験できる」というメリットがあるため、近年若い医師が公立病院を研修・修練の場として選ぶということが多くなっていました。しかしながら、2012年に公務員給与削減法案が可決し、公務員医師の給与の減少を見越し、公務員医師を希望する医師の数は激減するようになってしまいました。

しかしながら、実際には公立病院側が提示している公務員医師の給与は減少しておらず、公務員給与削減法案の成立以前の給与水準を保っているというのが現状です。実は、国立病院機構の管轄にあっても、地方公営企業法の適用を受けている病院の場合、医師給与についての決定権を持つのは病院の院長です。そのため、公務員給与削減法案の影響を受けずに、病院単位で独自の給与システムを取り入れる事も可能となっているのです。この点を把握していない医師は意外に多く、また、公的病院の医師求人は現在競争倍率も低めで推移しているため、公的病院の求人はねらい目であると感じている方も少なくないようです。

また、今まで公立病院の大半が大学の医局人事で運営されていましたが、近年医局の影響力が弱くなりつつあることを受けて、外部から積極的に医師を採用する動きも出始めています。そのため、福利厚生が厚く勤務形態の安定している公的病院での勤務を希望する方は、応募の大きなチャンスだと言えるでしょう。最近では、公的病院の医師求人を扱う医師専門求人サイトや転職エージェントも増えてきていますので、興味がある方は、一度問い合わせを行ってみることをおすすめします。

この数年、自分の意志やライフスタイルに合った業務環境を求めて転職する医師も多くなってきており、安定性の高い公的病院を勤務先として希望する医師も増えつつありました。そのため、競争倍率も年々上昇していたのですが、現在は、公務員給与削減法案が水を差す形となっています。この状態を好機と見る方は、「リクルートドクターズキャリア」「医師転職ドットコム」「エムスリーキャリア」といった大手転職エージェントなどで、是非公的病院の求人案件をチェックしてみて下さい。必ず、ご自分の希望に合った求人案件を見つけられるはずですよ。

「公的病院」の求人なら以下のエージェント利用が効率的!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 4位以降のランキングと各エージェントの詳細をTOPページでチェック!


■医師求人ランキング

■エージェント一覧

■基本事項

■診療科目別

■労働形態で選択

■相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人ランキング All Rights Reserved.