麻酔科の求人募集

麻酔科の求人募集

麻酔科の医師の求人としてはどのようなものがあり、転職市場の状況はどうでしょうか。医師は歯科や眼科などの科目以外ではどの診療科でも不足している現状があるため、転職市場は極端な「売り手市場」となっています。というのも、激務で訴訟リスクが高い科目は医師にとっても敬遠される傾向にあり、産科、小児科、救急といった科目がその筆頭にあたり、麻酔科も同様です。また、手術中は患者さんの呼吸数、心拍数、血圧や体温などから的確に状態を把握する必要があり、精神的にも負担のかかる科目であるといえます。

医師の不足傾向は麻酔医は特に顕著で、人手不足が深刻な科目といえるのです。そんな環境である麻酔医の求人ニーズは特に高く、常勤医師としてはどの地方でも求人があり、また、標榜医、専門医、指導医とどのクラスでも求人があります。麻酔医のなかにはフリーで動いたり、非常勤中心に活動する医師も多いため、常勤医の募集は優遇されることも少なくありません。一方、ペインクリニックなど専門の病院での募集はさほど多くないのが現状です。

こうした転職市場の状況を考えると、良い条件の場所が「選び放題」ということもできるのですが、その条件面は慎重に検討することが必要です。というのも、麻酔医は全体的に不足傾向にあるため、どこへ転職しても「人数が少ない=一人当たりの仕事量が多い」という環境の場所は多いことが考えられるからです。職場見学を行ったり、面接には十分な時間を割いたりと、慎重にその職場のリアルな姿をつかむようにされるのが必要です。また、「救急やICUの路線」「ペイン・緩和医療の路線」など、自分が極めていきたい専門について多くの経験ができるか・・・などもその検討材料として慎重に判断されるのがオススメです。

転職への希望を実現し、よりよい職場を見つけるためにオススメなのが、転職支援サービスなどを利用し、幅広い情報収集を行うことです。現在、医師の転職は「売り手市場」である背景もあり、医師の先生方が転職をされるときには、きめ細かい万全のサポートが受けることができます。たとえば、専門のコンサルタントが麻酔科の医師としてのキャリアプランに関しても明確にする手助けをしてくれますし、ご希望の求人に合わせた案件の紹介や面接のスケジューリング、転職先との条件交渉といった面倒なことも代行してくれます。ご多忙な医師の先生にとっては、こうしたサービスを利用して効率よく転職活動を進めたいものですね。

麻酔科の求人探しは以下のランキングを利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 4位以降のランキングと各エージェントの詳細をTOPページでチェック!


■医師求人ランキング

■エージェント一覧

■基本事項

■診療科目別

■労働形態で選択

■相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人ランキング All Rights Reserved.