転職理由はどうする?

転職理由はどうする?

履歴書を作成する時に悩む項目のひとつに「転職理由」があります。転職を行うということは、現状に何かしらの不安や違和感があってこそのもの。前向きな理由である「キャリアアップ」「収入アップを目指して」といったものであっても同様です。そのため、転職理由にネガティブな感情やイメージが出てしまうと心配し、履歴書にどのように書けば、そのネガティブな部分を払拭できるかと悩まれる方も多いようです。しかし、転職理由にネガティブな感情が含まれるのは当然のことです。それをそのまま表現するのではなく、ポジティプな印象を与えるように書ければそれで問題はありません。

ここでは、履歴書を審査する人事担当者に好印象を与える転職理由の書き方についてご紹介しましょう。まず、箇条書きで本音の転職理由を書きだしてみましょう。「上司とそりが合わない」「勤務形態が合わない」「当直、オンコールが嫌」「給料が安い」こういった書き方で大丈夫です。ここで重要なのは、嘘をかかない事です。人事担当者は採用のプロです。履歴書に書かれた嘘は、面接の対応中に見抜かれる確率が非常に高いのです。この段階で書き出した転職理由をそのまま履歴書に書くことはありませんので、本音をぶつけるつもりで書き出していきましょう。

次に、上記で書いた転職理由を読んで、そこからどうすれば状況が改善するのか考えてみます。例えば「上司とそりが合わない」であれば「より優秀な人が多く働く環境で学び、切磋琢磨し、人間性を高めたい」といった具合です。改善方法を考えることで、転職理由に具体性が出るだけではなく、読む人に前向きな印象を与えるものとなりますので、是非試してみて下さいね。

人事担当者は、履歴書に書かれた転職理由から、その人の人柄を読み取るだけでなく「新しい職場に何を求め、何を成したいと考えているのか」といった部分を確認しています。そして、その部分がその職場にプラスに働くものであるのか、雇用側のニーズに合ったものであるのか判断しているのです。そのため、変にかしこまったり相手の顔色をうかがうような転職理由を書くよりは、自分の本音を素直に書く方が印象が良くなります。また、転職理由の書き方などについては、医師専門の求人サイトでも詳しく紹介されていますので参考にすると良いでしょう。更に、転職エージェントに履歴書の書き方を相談すると、専任エージェントが対面でアドバイスしてくれますので、より効果的な転職理由の書き方をすることが出来るでしょう。興味がある方は、是非利用されて下さいね。

以下のランキングを利用して、効率的な転職活動をしましょう!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
 ⇒⇒ 4位以降のランキングと各エージェントの詳細をTOPページでチェック!


■医師求人ランキング

■エージェント一覧

■基本事項

■診療科目別

■労働形態で選択

■相互リンク


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 医師求人ランキング All Rights Reserved.